So-net無料ブログ作成
検索選択
スポンサーリンク




前の1件 | -

若返りと老化

ワタナビは日中に電車に乗った。

なぜか10代後半ぐらいの
若い世代でかなり混み合っていた。

なるほどこの電車は、
とある大学の最寄り駅を経由する電車。
大学生が多く乗車する訳である。

オッさん化してかなりの年月がたったが、
青春時代をふと思い出す。
モテモテでモテまくりだった、
あの頃かなつかしや。

思い出というものは美しすぎる。
全くモテないワタナビであったが、
モテまくり、という記憶にすり替えて、
美しい思い出として振り返っていた。

心が、若返った。

しばらくすると、その大学最寄り駅に到着。
キャッキャしていた大学生が
こぞって下車を始めた。
一緒におりたい気持ちをぐっとこらえ、
すっかり同級生だと思い込んでいた
大学生を見送った。

すると、
電車に残ったのは、
爺さんと、
婆さんと、
ワタナビ。

なんか、一気に気持ちが老け込んだ。

若返った気持ちの後の、
この老化状態。

結果として、乗車前と比べ、
若返ったのか、老け込んだのか。

一体、どっちだろうか?
やっぱり、老化だ老化?




スポンサーリンク

















前の1件 | -

人気ブログランキングへ